広島駅周辺地区まちづくり協議会

取り組みについて

キャッチフレーズ

ワクワクドキドキ変わるエキマチHIROSHIMA

活動理念

広島の玄関口である広島駅周辺地区において、行ってみたい・歩いてみたいと思える“ ワクワクドキドキできるまち”、様々な広がりと新しい発見のある“ 変化し続けるまち”を目指して、良好な環境づくりや新たな魅力づくりに取り組み、地区の価値を維持・向上させる。

まちづくりを実現する4つの戦略

①「おもてなしのまち」戦略

初めて訪れた人にも、広島駅周辺を分かりやすく案内する。
広島駅周辺地区は広島の陸の玄関であり、多くの人が広島で最初に訪れる場でもあります。
このため、広島駅周辺地区を訪れる人への案内機能を強化し、誰にとっても分かりやすいまちを目指した取り組みを進めます。

【具体的な活動の例】
広島駅周辺案内マップの作成
外国人案内事業への参画
広島市による駅周辺サイン計画策定への参画 など

②「にぎわいあるまち」戦略

新旧の魅力を活用・発信することにより、集客力と回遊性を高める。
広島駅周辺地区は、開発により新たなにぎわい拠点が生まれる一方で、「拠点性や歴史・文化・自然などの従来からの魅力もあります。」こうした新旧の魅力を活用・発信し、たくさんの人が集まり、回遊し、長く滞在してもらえるまちを目指した取り組みを進めます。

【具体的な活動の例】
広島駅周辺イルミネーションの実施
「えんこうさん」と連携したイベントの開催 など

③「スポーツと健康のまち」戦略

プロスポーツや医療施設が連携した、スポーツと健康づくりの” 聖地” を目指す。
広島駅周辺地区には、マツダスタジアムやトップス広島、医療施設など、スポーツや健康の拠点となる資源が集積しています。こうした特色ある資源を活用し、スポーツを観たり、スポーツに取り組んだり、気軽に健康づくりが行なえる仕掛けづくりを進めます。

【具体的な活動の例】
ウォーキング・ランニングコースづくり
スポーツや健康をテーマとした参加型イベントの開催 など

④「安全・安心なまち」戦略

住む人も訪れる人も、安全で安心して過ごせる環境をつくる。
広島駅周辺地区は開発が進んでおり、来街者とともに、マンションなどの住民も今後増えてきます。このため、商業、宿泊、医療、警察などの様々な機能の集積を活かし、どこよりも安全性の高いまちを目指した取り組みを進めます。

【具体的な活動の例】
「おもてなし一斉清掃」の継続実施
まちの安全に関する巡回点検の実施 など

事業計画

組織設立初年度である平成30年度は、組織体制の確立に向けた基礎づくりとして、まちの将来像の共有化を図るとともに、エリアマネジメント活動の実績づくり、財源確保のための収益事業の検討などに取り組みます。
 まちの将来像の共有化については、協議会による活動が目指す、広島の陸の玄関にふさわしいまちの姿やそのための活動方針等を示す、まちづくりプランを策定します。
 エリアマネジメント活動の実績づくりとしては、エキキタまちづくり会議と連携し、広島駅周辺地区全体の賑わいづくりや回遊性向上のための活動に取り組みます。
 また、持続的な活動のためには、安定的な財源の確保が不可欠であることから、広島駅南口地下広場等における広告事業など、活動区域における収益事業について、事業の検討や試行的実施にむけた関係各所との調整を行います。

まちづくりビジョン

広島駅周辺まちづくり協議会の活動目標や地区の将来像を共有するための活動ビジョンを作成しました。